チャーリーの旅日記〜SPG&ANAカード有効活用〜

SPGカード活用・ANAカード活用・ホテル宿泊記・旅日記

ANAマイルとANAコインの関係性とは?

マイルを貯めて飛行機に乗る、ざっくり言うと実は2種類の乗り方があります。

 

f:id:kasuterax:20180518011436j:plain

特典航空券で乗る(修行には使えません)

例えば一番安く設定されている期間を調べて見ると…

国内L(ローシーズン)

2017年 12/1~12/22

2018年 1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21

の期間となっており

東京ー大阪や大阪ー福岡などが片道5000マイル往復10000マイルで交換可能。

 

一番安く設定されている海外だと…

海外L(ローシーズン)

2017年 12/1~12/22

2018年 1/8~1/31、4/1~4/25、5/86/30、 12/1~12/20

東京ー韓国 エコノミーが12000マイル

東京ー香港、 台北、 マニラ エコノミーが17000マイル

東京ーシンガポール、バンコク、ハノイ エコノミーが30000マイル

全て往復となっております(海外は往復限定 片道不可)

あれ?意外と安いな…って思ったのは自分だけですかね…

 

予約開始日

予約開始は355日前(出発日含まず)の午前9時(日本時間)から第一区間出発の96時間前まで。電話話予約も、ネット予約も同時にはじまります。国際線は片道発券はできません、必ず往復発券です

 

予約方法・手数料

手数料は電話予約の場合のみ12160円(税込)

ANAウェブサイトからの予約は無料

 

キャンセル

国際線特典航空券がすべての区間で未使用の場合に限り、払戻手数料1名様につき3,000マイルで特典引き換えに使用したマイルは返却してくれます。未使用の税金・料金等も払い戻しされます

 

 

ただ、土日などの集中する日程では、かなり取りにくい現状があるみたいなので、そんな時はANAコインに変換し、割引利用する方法もあります。

 

ANAコインで乗る(修行に使えます)

ANAコインとはANAホームページで航空券や旅行商品の支払いに使える電子クーポンのこと。今はやりの仮想通貨や暗号通貨ではありません。

ANAマイルからの交換率

ホームページ上でマイルをコインに変えてから使用するんですが、

その際の交換率が若干違うのでチェック。

1~9999マイルの場合は1倍

10000マイルの場合は1.2倍

20000マイルの場合は1.3倍

30000マイルの場合は1.4倍

40000マイルの場合は1.5倍

50000マイル以上の場合は1.6倍

と多くのマイルを一回に交換した方がボーナスポイントが貰えます

(ANAスーパーフライヤーズカード、ANAカードプレミアム、ANAゴールドカード、ANAカードワイド、ANAカード一般の場合の付与率) 

 

50000マイル貯めてから一回で交換した方がお得ですよね。

こちらの方法であれば予約も比較的取りやすいので日程の融通もききやすいです。修行にもバッチリ。

 

失効と有効期限

ちなみにマイルは積算月の3年後の月末に失効します。

例えば2017年10月25日に獲得したマイルは2020年の10月31日に失効します。

実際に飛んだ距離に応じて貰えるライフタイムマイルが100万を超えてミリオンマイラーになると期限が無制限になりますが、かなり現実的ではないのでここでは割愛(笑)

 

自分も使っているANA VISAワイドゴールドカード、このカードを決済で使うと、1000円につき1ポイント貯まります(1ポイントは10マイルに交換できるので、100=1マイルという計算になります)ポイントの有効期限が3年あるので、使うギリギリでマイルに移すというテクニックもあります。

一方マイルをANAコインに移した場合、コインの有効期限は交換月より12ヶ月目の月末となりますのでマイルのまま有効期限を迎える時は、交換する事で伸ばす事ができます。

 

まとめると、カードのポイント3年→ANAマイル3年→ANAコイン1年ですね。